smtm_iten.png

2012年02月29日

【報道発表】やはりプラチナバンドはソフトバンクへ!電波改善なるか? このエントリーをはてなブックマークに追加




総務省は、29日、900MHz帯の割り当て先をソフトバンクモバイルに決定したと発表した。
900MHz帯は従来の周波数帯(2GHz帯)と比べ、障害物などにも強く繋がりやすいと言われている為、ソフトバンク社の電波改善に望みがかかる。

ソフトバンク社は900MHz帯の使用をまずはHSPA+、平成27年度からはLTE回線に利用する計画を示している。
ただし、ソフトバンク社が900MHz帯を運用するには課題も多く、900MHz帯の基地局を整備するには、従来(2GHz)よりも鉄塔の高さを2倍、アンテナの大きさを2倍にする必要がある。鉄塔の高さが2倍になれば設置面積は4倍になり、体積が8倍になる。このことにより、従来よりも4倍の土地が必要となる。一部報道では、ソフトバンクモバイルが900MHz帯割り当ての正式決定を待たずに基地局工事を前倒しして行っていると報じられたが、そのような背景があったと思われる。



関連リンク
900MHz「プラチナバンド」の割り当て先を明日決定へ、各社の主張や使い道まとめ
総務省 報道発表





posted by すまとも at 18:09 | softbank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。