smtm_iten.png

2012年02月28日

AppleはA5XチップとA6チップを同時開発中、iPad3にはA6、iPhone5にA5Xという噂 このエントリーをはてなブックマークに追加




米メディアのiPad3 Newsは、Appleは次世代チップセット「A5X」、「A6」を同時進行で開発している可能性があると発表した。




ipad-3-news1.png


リークしたA5Xチップの型番と、今までの型番、そして9to5Macが発見したA6チップセットの型番によって、今回の結論が導かれたようです。

下図は9to5Macさんの画像。

ipad-3-news2.png


また、噂ではA5XチップセットはiPhone5に、A6チップセットはiPad3に使用されるのではないか、もしくは8インチ程の小型iPadにA5X、10インチiPadにA6が搭載される可能性がある、とも言及されています。








posted by すまとも at 09:15 | iOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

iPhone4Sの背面パネルをスティーブ・ジョブズ仕様に交換してみました! このエントリーをはてなブックマークに追加




みなさんはiPhoneの背面パネルを交換できることを知っていましたか?
そもそも改造という扱いになるので、正式なサポートが受けられなくなったり(また元に戻せばいけますが)するのであまりおすすめするようなものではないのかもしれませんが、他の人のiPhoneと差をつけたい!という方は挑戦してみてはいかがでしょうか。
今回は私がiPhone4Sの背面パネルを交換しましたのでその手順と失敗談をまとめて書こうと思います。


10040479_2.jpg


まず、今回私が頼んだ商品がコチラのパネル。
背面が真っ赤になります。
この手の商品はネットショッピングが主になるかと思いますが、意外と2000円前後でいけます。



iPhone4S背面パネル交換手順



私の場合、注文してから2日で手元に届きました。

写真 1.JPG


内容物は背面パネルと星形ドライバーです。
iPhoneの背面パネルをはがすのにネジを取る必要があるのですが、そのネジ穴が特殊な形をしており、付属しているドライバーでしか取ることができません(他のドライバーだとなめる可能性があります。)


写真 2 (1).JPG


背面パネルには保護シートも貼ってありました。


さてここからは作業行程に入りますが、私のiPhoneが4Sのため、あくまで4S観点で書きますが、iPhone4も同じ作業ですので参考にしてください。

まずはiPhone4Sのネジを外します。
ネジはDock部分にあります。


IMG_20120223_120052.jpg


このDockの両側です。

付属の星形ドライバーで外します。


IMG_20120223_120336.jpg


画像でも分かりますがネジは相当小さいのでなくさないようにしてください!

そして背面パネルをいよいよ外しますが、外し方は至って簡単で、下図のように親指でパネルを上にぐいっと押してもらえればズレますので、後は上からはがすようにすれば簡単にとれます。


IMG_20120223_120742.jpg


背面パネルを外すとこんな感じでバッテリーなどが並んでおりますが、意外と雑ですね...。


IMG_20120223_120823.jpg


そして、新しい背面パネルをはめ、ネジを付け直したら完了なのですが、注意点がいくつかありますので下にまとめてみました。



背面パネルを交換する際の注意点



注意点ですが、まずはiPhone4用なのか4S用なのかキチンとチェックすること。
これ、絶対です。ケースなどではどちらにも対応しているものが多いのでつい甘く考えがちですが、実は背面パネルに関してはiPhone4と4Sはだいぶ違う(ツメ部分等)ので注文する時は特に気をつけて下さい!

今回私も間違えてiPhone4用の背面パネルを注文してしまい、うまくはまらずにかなり焦りました。
結局対策として、紙やすりで噛み合ないツメ部分を削ってネジで固定しているような感じです。。


写真 3 (1).JPG


銀に光っているところは削った証拠ですね。
しかし、iPhone4用でも上部のツメ2つを削ればうまくはまり、ぐらつきもないのでさほど気にするところではないのかもしれません。


背面パネル自体は色や種類などかなりバリエーションは豊富なのでかなり楽しいですよ☆







posted by すまとも at 01:51 | iOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

ついに日本でも「iTunes in the Cloud」が開始 このエントリーをはてなブックマークに追加




米国では始まっていた人気のクラウドサービス、「iTunes in the Cloud」がついに日本でも開始しました。
しかし、何の前触れもなくいきなりの開始だったので驚きですが、Apple社は昔からそうでしたね。



itunesinthecloud.png


「iTunes in the Cloud」とは、一度購入した楽曲なら他のデバイスにインストールしたい時も再購入しなくても同期できるようになった、と訳せば分かりやすいです。

ここでは「iTunes in the Cloud」を有効化させる手順のみお話しておきます。


itunesmusic.png


まず、iPhone/iPadから「設定」→「Store」→「ミュージック」をONにします。




次にMac側の設定ですが、iTunesを起動し、「iTunes」→「環境設定」→「Store」のミュージックにチェックを入れたら完了です。


itunesinthecloud3.png


さらに詳しい設定方法等は「和洋風◎」さんが分かりやすくまとめているのでそちらをどうぞ。
音楽を無線同期できるし再ダウンロードも無料になる「iTunes in the Cloud」が日本でも開始。詳しく使い方を書いてみた。







posted by すまとも at 11:57 | iOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。