smtm_iten.png

2012年03月22日

指定したWebページ全体をキャプチャーして保存できるiPhone用無料アプリ「Web Scroll Capture」 このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はURLを指定すると、そのページの全画面をスクリーンキャプチャーして保存できるという大変便利なアプリのご紹介です。
デフォルトでは今画面に表示している領域しかキャプチャーすることはできないのでこんなアプリ待ってました!という方も多いはず!





「Web Scroll Capture」アプリ概要


webscrollcap.png
価格:無料
カテゴリ: ユーティリティ
リリース: 23 December 2011
バージョン: 1.0
サイズ: 0.4 MB
言語: English


インストールはコチラから



「Web Scroll Capture」アプリの使い方



まず、インストールして起動するとこのような画面になります。

写真 1 (4).PNG


まずは右下のmoreをタップ。


写真 2 (3).PNG


Scrollにチェックを入れます。こうしないと、ただのスクリーンキャプチャーと同じものになってしまいますので注意。

そして、また最初の画面から次は上部のURLバーに全画面キャプチャーしたいURLを打ち込みます。
簡単なURLならいいですが、Safariなどでキャプチャーしたいページを開き、URLをコピーして臨むのが一番楽ではないかと思います。

そして、目当てのページを開いた状態で、中央下部のcaptureをタップすると、Photoとmailが出てきますが、普通に保存するだけでしたらPhotoでOKです。


写真 3 (2).PNG


実際にすまとものあるスマホ向け記事をキャプチャーした画像が下になります。長い!!


写真 4.PNG


ちょっとしたメモに最適ですね!







posted by すまとも at 00:54 | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

今まで撮った写真やFacebookで共有してきた写真を選ぶだけで本が作れるiPhone用無料アプリ「Short-Story」 このエントリーをはてなブックマークに追加




iPhone用無料アプリの紹介です。
今回紹介するアプリは、今まで撮った写真やFacebookで共有してきた写真を選ぶだけで本が作れる、というもの。しかも無料なんです。


mzl.roqzmlyt.320x480-75.jpg


アプリ概要



shortstoryapp.png
アプリ名:Short-Story
価格:無料
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
バージョン: 1.1
サイズ : 12.8 MB
言語: 日本語, 英語
販売業者 : Komugi Inc.

ダウンロードリンク:http://itunes.apple.com/jp/app/short-story/id501639344?mt=8


Short-Storyの使い方



続いて使い方を説明します。
アプリを最初に開いた時には、説明スライドが流れますので閲覧してください。その際、IDとパスワードが表示されますが、特にメモはとらなくても後から確認できます。
心配な方は、電源ボタン+ホームボタンを同時押ししてスクリーンショットを撮っておきましょう。
スクリーンショットってナニ??


そしてアプリのメイン画面がコチラになります。

写真 1 (1).PNG

一番右上の+ボタンをタップすると新しく自分だけの本をつくることができますが、まずはチュートリアルの本を見た方がいいかと思います。

ページめくりはタッチではなく、左方向、右方向にスワイプ!

写真 2 (1).PNG

ななめなども反応し、細かいアクションが見られました。

写真 3.PNG


チュートリアルを読み終わったら、本をつくってみましょう。
先ほどのメイン画面の一番右上の+ボタンをタップすると本を新規作成できます。

まずは本のタイトル決めです!
ここは後からも変更できます。


写真 1 (2).PNG

そして本にする写真を選んでいくのですが、私の場合17枚まで選択したところで上限となってしまいました。
なるほど、「Short Story」です。

写真 2 (2).PNG


すまともの本ができました!!

写真 (1).PNG

タイトルの位置を変更したり、写真に位置情報を追加したりと「ソーシャル」要素を重要視しているのが伺えます。

作成した本はメイン画面から共有することもできます。
ます、共有したい本をタップし、下図の赤枠のボタンをタップします。

写真 3 (1).PNG


するとこのようなメニューが表示されるので、アップロードをONにすると、アップが始まります。
twitterやfacebookでも共有可能みたいです。


写真.PNG


手軽に本が作れ、共有までできるなんてすごいですね!
価格も無料なので是非どうぞ!

アプリインストールはコチラから→http://itunes.apple.com/jp/app/short-story/id501639344?mt=8








posted by すまとも at 13:51 | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

root化しなくてもできる!追加料金もかからないテザリングアプリ このエントリーをはてなブックマークに追加




Androidユーザーのみなさんに朗報です。root化をしなくてもテザリングが可能な無料アプリをご紹介します。私も使ってみましたが、料金も追加請求されず、ひとまず安心して使えました。
以下にそもそもテザリングとは何なのか?というところからアプリの具体的な使い方手順を紹介しておりますので読み終わるのにいつもの記事よりも時間がかかるかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加



tethering.jpeg



そもそも「テザリング」ってナニ??



最近よく耳にするようになった方が多いとは思いますが、まだまだ「テザリング」がどんな言葉なのかわからない方も多いと思いますので簡単に説明しようと思います。

みなさんは「Wi-Fiルータ」をご存知でしょうか?もしくは家庭環境に「無線LAN」や「優先LAN」などありませんか?
いわゆる無線や優先でインターネット接続するものですよね。

「テザリング」はスマートフォンで使っているインターネット回線をPCやタブレット、ゲーム機などに飛ばす、という風に考えるといいと思います。
なので、外出先や自宅などでインターネット環境がなくてもスマートフォンさえあればPCやゲーム機などをインターネットに接続することが出来るわけです。



テザリング機能を使う際の注意点



前項に挙げたように大変便利な「テザリング」機能ですが、注意点がいくつかあります。

まず最初に、テザリング機能を使用すると、追加料金がかかる場合があります。
ドコモの場合、通常のパケット通信料は5460円ですが、テザリング機能を使用した場合は8190円となります。ただし、例外もあり、タブレットやWi-Fiルータ用のデータプラン契約をすると、追加料金をとられず、通常通りのパケホーダイ料金で使用出来ます。(※ただしデータ契約をした場合、電話は使用不可)
もしくは、Xiと呼ばれる新しい高速回線で契約すると同じく追加料金をとられません。

auの場合、WiMAX対応のスマートフォンがあり、WiMAXテザリングをすることができますが、現在それによる追加料金はありません。

SoftBankはテザリング機能自体、することができません。


追加料金をとられないテザリングアプリ



なので、ドコモにて通常の料金プラン契約をされている方や、SoftBank回線でテザリングをしたい方に今回ご紹介するアプリはおすすめのものとなっています。
早速アプリ紹介にはいります。


ClockworkMod Tether.png

アプリ名:ClockworkMod Tether (no root)
価格:無料
マーケットリンク:http://goo.gl/7GxJw
対応OS:Android 1.6以上



他にも追加料金がかからないテザリングアプリはありますが、「ClockworkMod Tether (no root)」がかなり使い方も易しかったため、ご紹介することにしました。
以下に使い方をまとめました。



ClockworkMod Tether (no root)の使い方手順



まず、スマートフォンにアプリをダウンロードします。ダウンロードは上記リンクからどうぞ。

そしてテザリングを受けたいPCの方にも専用アプリをインストールします。
Windows/Mac/Linuxともにあります。以下のリンクよりどうぞ。

Win:http://download.clockworkmod.com/tether/TetherWindowsSetup.msi
Mac:http://download.clockworkmod.com/tether/tether-mac.zip
Lin:http://download.clockworkmod.com/tether/tether-linux.tgz

インストールがスマートフォン、PCともに完了したら、それぞれのアプリを立ち上げます。

以下はMacの立ち上げ画面です。

tether2.png



そして、以下がAndroidの立ち上げ画面です。

Screenshot_2012-02-25-18-28-14.png


そして、USBケーブルでスマートフォンとPCを繋ぎます。


写真 (3).JPG


そしてスマートフォン側アプリで、USBマークをタッチします。
すると、このようにUSBマークが青くなります。


Screenshot_2012-02-25-18-28-46.png


そして、PC側アプリも「Start」をクリックします。
すると、PC側のとスマートフォン側ともにUSBマークが緑色になり、インターネット接続が成功した事を意味します。


tether3.png


スマートフォン側では、転送量もチェックすることができますよ!

Screenshot_2012-02-25-18-29-44.png


私は端末は「GALAXY NEXUS SC-04D」で動作確認しましたので、Android4.0でもOKだと思います。
速度も問題なく、YouTube動画も閲覧できました。

この手のアプリは削除されたりもしますのでこの機会に是非どうぞ。







posted by すまとも at 18:45 | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。